大分名物は関サバだけじゃない!だんご汁もうまい!

だんご汁

「大分県の郷土料理」といえば何でしょう??

わかりませんよね。

頭に浮びにくい人が多いと思います。

そう。正解は、だんご汁です。

[スポンサーリンク]

九州の阿蘇、大分県の別府市の付近に昔から伝わる郷土料理になります。

この「だんご汁」は、別名、だご汁とも言われています。

冬場に食べると心から暖まるので、人々に欠かせない味になっています。

この料理は九州の一部でしか食べられないので、日本では、あまり知られていないのが現状でしょう。

今回は、そんな「だご汁」について紹介してみます。

 
 

だんご汁とは??

先ほども言ったように、だんご汁とは、大分県の郷土料理になります。

郷土料理と聞くと、美味しくなさそうというイメージを持たれるかと思います。

ただただ!

大分の一般家庭の食卓にはだんご汁がよく並びます。

それほど大分市民に馴染み深い食べ物なのです。

しかし!それ以外の県では、あまり知られていないので知らない人の方が多いでしょう。

特に九州の福岡、佐賀、熊本、長崎に「だご汁」という似ている食べ物があるのですが発祥は大分県である。

また、味噌汁の代わりとして食卓に並びます。

豚汁を食べる要領で、食卓に並ぶと思ってもらえればいいでしょう!

 
 

だんご汁の作り方

だご汁の作り方はいたって簡単です。

味噌汁を作る要領で、具材を用意します。

違う点は、「小麦粉で作った平たい麺を味噌汁の中に入れたもの」がだんご汁の一般的なものである。

だんごを作って、シルの中に入れてしますのです。

また、具材も、ごぼうや人参、しめじ、豚肉が入っているのが一般的ですね。

そのため、豚汁と似ているところがあります。

このだんごは小麦粉を塩水で練り、ちぎって丸めているので、汁をよく吸って、味が染み込みやすいのが特徴なんです。

うまいですよ〜!

さてさて、そんなだんご汁はどこで食べれるかというと、残念ながら、やっぱり大分県に来なくては食べることができないんですね。

暖かい家庭料理として楽しめるだんご汁。

食べたことがない人は、一度食べてみてください。

本当に!うんまいので!

 
 

最後に!

いかがですか?

初めて聞いたよ!なんて人も多いのではないでしょうか?

めちゃくちゃ美味しい郷土料理です。

大分県に来た際は一度ご堪能してください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す