大分で過ごすスローライフ

大分で過ごすスローライフ

最近日本に定着してきた暮らし方の中に移住やスローライフと言ったものがあります。

日本人は元来本当に働き者で、「休暇」や「余暇」をのんびり楽しむと言う考えがありません。

最近では、24時間365日情報と自分を繋ぐインターネットの普及によって仕事はいつでもどこでも誰でもできるものになりつつあります。

[スポンサーリンク]

セキュリティの問題があるためその普及はある程度抑えられていますが、日本人はある程度自分のペースで仕事を休んでするものになっていかなくてはならないのが現状です。

そこで今回は大分県のような魅力満載の地域で送るスローライフのありかたを考えていきたいと思います。

沖縄から大分県豊後高田市に移住を決めた理由の1つは「田舎でスローライフ」おくろうと思ったからです。

 
 

そもそもスローライフとは

そもそもスローライフとは自分の住む地域で作られた生産物を利用しながら環境に優しい生活(二酸化炭素やごみの排出量)をすることを指します。

つまり徹底したスルーライフの例を挙げると、自給自足や地産地消をテーマにした食生活を心がけどこで行くにも徒歩や自転車を利用し多少時間がかかったり不便でもそれを受け入れて太陽と共に生きる生活(太陽が昇ると同時に起床し、太陽が沈むと同時に就寝する)する消費電力の少ない状態を目指します。

専門家によるとこの生活は戦後から高度経済成長時代までの移行期に日本人が送っていた生活で、現在現代人が目指すべき食生活「準和食」が当たり前だった時期を指すようです。

もちろん、時代を逆に遡ることは不可能ですしインターネットは「ネット依存」の言葉があるくらい現代人の生活の中に溶け込んでいるため完全に定着するんはある程度時間がかかります。

「スローライフ」はまずは目指すところから始めましょう。

 
 

大分で過ごすスローライフ―その魅力―

では、スローライフを過ごすために選ぶべき都道府県とはどこでしょうか。

全国の中でも大分県は温泉あり、美味しいものあり、美しい景色ありの魅力的な都道府県です。

都道府県魅力度ランキングでも常に20位前後をキープし平均的な指示を受けています。

大分県でのスローライフの魅力はなんと言っても温泉です。

別府市内には300円以下で温泉を堪能することができる共同浴場が無数にあるうえ、家庭のお風呂も温泉水であるとも言われています。

また、九州地方の中でも比較的涼しい気候にあり過ごしやすい都道府県だと言えます。

 
 

大分で過ごすスローライフ―現状―

大分県でのスローライフは他の都道府県と同じく1つだけ注意が必要です。

それは、別府や由布院、大分市や杵築市のようなある程度の漁業などの産業のある街以外は都会に暮らした経験しかない人間にとってはその不便さやすでに住んでいる住人達の人間関係に慣れるまで時間がかかると言う点です。

大分県の名産と言えばカボスですがこれの他の農作物はあまり有名ではありません。

大分県豊後高田市では農業ヘルパーや新規の農家を増やすために移住者(コミュニティに溶け込みやすい工夫)を募集していますし「田舎暮らし体験プログラム」でスローライフを「体験」できます。

是非これを利用して、大分でのスローライフを模索してみて下さい。

 
 

豊後高田市移住計画

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す