「シャーロット」だけじゃない!可愛い猿に会いに来て!大分の高崎山自然動物園

高崎山自然動物園の小猿

「もっと身近に動物と触れ合いたい!」

日本の動物園にはたくさんの種類の動物がいて、檻の外から動物を見るのが主流だと思います。

もちろん、その動物園でも十分に楽しめるのですが、もっと動物と身近に触れ合いたいと思いませんか。

[スポンサーリンク]

大分県には直接サルと戯れることができる、変わった動物園があるのです。それが、「高崎山自然動物園」。

大分県の山の奥にあるのが特徴の変わった動物園です。

そこには野生の猿しか住んでません。

 
 

サルと身近で触れることができる

高崎山自然動物園の子猿

この動物園の特徴はなんといっても、「サルと触れ合えることができる動物園」です。

園内には無数の野生の猿が暮らしており、サル以外の動物は全くいません。なんといってもサルと10センチくらいしか離れていないのに写真を撮ることができるのです。こわぁぁ。

また、動物園では「サルの綱渡り」など、サルを使ったイベントが年中開かれるので、見どころが満載です。

サル好きにはたまりませんね。

他の動物と違うところは、ん~。やっぱりサルしかいないところだけです。それも野生の猿です。まさにサルの惑星。
 
 

高崎山自然動物園のルール

高崎山自然動物園には自然公園と名乗るくらいなので、自然界のルールがあります。

守らなければ、サルに襲われることもあるので、きちんと守らなくてはいけませんね。

 
 

食べ物を食べない・与えない・みせない

これは鉄則です。

これを守らなくては襲われること間違いないでしょう。

原則持ち込み禁止ですが、やはり、少しの隙が危険につながります。

 
 

目を合わせない。

まぁ。そうですよね。目を合わせてしまうと、サルは敵だと思って襲ってきます。

あくまでも動物園の猿というより野生の猿と思った方が良いです。

特に、小さなお子さんの場合は、目を合わせやすいので注意が必要です。

 
 

最後に!

サルの名前に「シャーロット」とつけて炎上した「高崎山自然動物園」には多くの野生の猿が生息しています。

これこそ、日本が誇る観光地なのではないでしょうか。

大分県に来た際には、是非一度行ってみてください。

 
 

高崎山自然動物園はどこにあるの??

住所:大分県大分市大字神崎3078-20
営業時間:8:30~17:00(年中無休)
最終入園時間16:30まで

料金:大人 510円、中学生、小学生 250円

駐車場はありますが、休日には多くの方が来られることでも有名です。

ホームページ・http://www.takasakiyama.jp/takasakiyama/

近くに、うみたまごという水族館もあります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す