大分名物「とり天」鶏肉の消費量日本一に貢献

とり天

 

大分には鶏肉の天ぷらがある

鶏肉の消費量が日本一の大分県では、鶏肉の食べ方も変わっていました。

一般家庭で出される鶏肉の使い方はというと、唐揚げや鍋に入れたりと使い方がたくさんある万能の食材です。

しかし、「鶏肉の天ぷら」という発想はなかなか浮かばないのではないだろうか。

[スポンサーリンク]

大分県を代表する鶏肉を使った名物に「とり天」があります。

その姿は何処となく、鶏肉の唐揚げに似ているのが特徴です。

一口大に切った鶏肉をカラッと揚げて天ぷらにしている食べ物です。

大分県では一般の食卓に並ぶほどの人気メニューでしょう。

また居酒屋の定番メニューにもなっていますね。

 
 

とり天の由来

鶏肉の消費量が日本一の大分県。

そのとり天の由来は何でしょう?

それは大正時代にまで遡ります。大分県の別府に誕生した大分県初のレストランがルーツになるのです。

そのころのレストランは大変高価でありました。

 
 

それを「庶民でも楽しめる美味しい料理を提供したい」

そんな気持ちに答えるために、安い鶏肉を使って作られたと言われています。

中華をルーツとした鶏の天ぷらが誕生したのです。

 
 

とり天の作り方

鳥天の作り方はいたって簡単。シンプルです。

一口大に切った鶏肉を天ぷらを作る要領で揚げるだけです。

何も特別なことはしません。いや、ホント簡単…。

ただし、揚げる前に鶏肉をたれに漬け込んでいることがぽをしておくのがポイントです。

また、骨のない肉を使用するのも重要になります。

これが、とり天を味わう最大の特徴といえるでしょう。

醤油やポン酢で食べるのがオススメですが、塩で食べるのがベストではないでしょうか。

少なくともすごく美味しく食べれますよ。

 
 

香川県と大分県のとり天の違い

香川県にも似たような食べ物があります。

その場所はうどん大国、香川県です。

香川ではとり天のことを「かしわ天」と呼ばれる食べ物です。

言い方は違いますが、味に何ら変わりはありません。

また、食べ方もうどんと一緒に食べることがありますが、大分では食卓のおかずとして出されるのです。

鶏肉と日本人は切っても切れない縁があるように見えます。

 
 

最後に

大分県にはたくさんの名物があります。

大分県に来たら、とり天を食べなくては損です!

絶対に食べなくてはいけない料理ですよ。

鶏肉大国、大分県のとり天は格別です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す