由布院温泉で遊ぼう!見どころと由布院観光モデルコース

湯布院

九州には有数の温泉街が沢山あります。中でも有名な温泉街が由布院です。

大分県の温泉街には由布院の他にも別府温泉、湯平温泉、長湯温泉などがありますが、なぜ由布院がこんなに人気なのでしょう。

今回はその理由を徹底検証していきます。

[スポンサーリンク]


 

由布院温泉とは

湯布院
由布院は由布岳の山麓に広がる温泉街で、大分県別府市の隣に位置しています。

郷土の歴史を書いた有名な書物である古典『風土記』にも名前が載るほど、別府温泉は由緒正しい温泉街ですが、この由布院は昭和30年代に開かれた新しい温泉街です。

そのため、温泉町の街中はきれいに整備されており、観光するには本当にわかりやすい構造になっています。

特に湯の坪街道に集まる商店はさながら鎌倉の表参道や軽井沢銀座の雰囲気に似ています。

また、湯の坪街道のたどり着く先にある金鱗湖(きんりんこ)の景色は美しくその周辺には洋風の美術館やカフェがあり別府温泉とは全く異なる雰囲気があります。

 
 

由布院のみどころ

金鱗湖

由布院のみどころは温泉の他に先に御紹介した湯の坪街道と金鱗湖(きんりんこ)周辺に点在する洋風のカフェや美術館です。

特に湯の坪横丁の花麹菊家の「ぷりんどら」、由布院Milchの「KASE KUCHENケーゼクーヘン」、かりんとう館の各種かりんとうは代表的なスイーツです。

しかし、このような悠風のお土産だけが由布院の魅力ではありません。

由布院の温泉宿は湯の坪街道のから少し離れた小さな温泉旅館がひしめき合う町並みにもあります。

けして温泉街として長い歴史があるわけではない由布院ですが、その分街は非常に便利です。

コンクリート造りの白を基調とした建物の数々は街を見下ろす由布岳の青黒い山の色に映え独特の景色を見せています。

街中は観光するにはわかりやすい碁盤の目の形をしており、公共交通機関に観光地を見て頂けるため、1泊2日旅行に最適です。

 
 

由布院観光モデルコース

由布院観光

由布院の定番の観光モデルコースは、やはり湯の坪街道をたどって金鱗湖に向かうルートが定番ですが、その立ち寄りポイントは訪れた人の好みに合わせて何通りも変えることができます。

例えば、美術館巡りがしたい方はノーマン・ロックウェルの美術館、トリック3Dアート湯布院、民芸村、マルク・シャガールゆふいん金鱗湖美術館、金鱗湖を一周して由布院ステンドグラス美術館を廻ると良いでしょう。

また、機械や自動車に興味のある方は湯布院二輪車美術館や九州自動車歴史館を取り入れるのもいいでしょう。

また、やはり名物スイーツ巡りをお好みの方には先ほどご紹介したお土産のお買い物の他由布院名物のロールケーキを販売するビー・スピークやチョコレートが有名なテオムラタでのティ―タイムがおすすめです。

オーソドックスな場所から個性的な施設までバランスよく取り入れた、1泊2日の由布院観光モデルコースを紹介

 
 

1日目・14時由布院到着

狭霧台

狭霧台

標高約680メートル、九州横断道路沿いにある「狭霧台」は、新緑から雪景色まで四季折々の季節が味わえる展望台で、由布院盆地全体を一望するのにもってこいのスポットです

。雄大な自然を感じられると共に街の雰囲気や様子を把握することもでき、由布院観光のオープニングを飾るにふさわしい場所でしょう。

施設内にはトイレや休憩所もあって道の駅的な要素も備えており、ドライブスポットとしても最適です。

大分県由布市湯布院町川上

 

乙丸温泉館

乙丸温泉館

展望所の次は湯布院の温泉をさっそく楽しみましょう。

おすすめは、JR由布院駅から徒歩5分のところにある「乙丸温泉館」です。

外観も内観もレトロな造りの公共温泉で、まったりと湯を味わうにはもってこいの場所でしょう。

泉質は透明度の高いアルカリ性で、標準よりやや熱めといったところ。湯舟が大小二つのサイズに分かれており、一方は熱めの湯、もう一方は温めの湯となっています。

ゴージャスな感じはありませんが、素朴な佇まいに癒されますよ。

休憩スペースもあります。

由布市湯布院町川上2946-1

料金:200円

 

宿17時到着

由布院

夕食まで休憩するのもいいですが、可能ならフロントで観光パンフレットをもらい、翌日に訪れるスポットをチェックしたり、行程計画を立てておくといいでしょう。

湯布院は名所が多いので、自分が訪れてみたい場所に優先順位を付けておく必要があります。

 

18時夕食 

豊後牛まぶし

地元の豊後牛をふんだんに使って炭火で炙った一品料理、「豊後牛まぶし」はおすすめ中のおすすめです。

風味や香りの素晴らしさもさることながら、食べた瞬間、口の中に広がるジューシーなダシの旨味と柔らかい肉の食感がたまりません。

JR湯布院駅の近くにある「由布まぶし 心」で食べられるので、行ってみましょう。

大分県由布市湯布院町川上1492-1

由布まぶし 心

 

おおいた冠地どり

複数品種の掛け合わせで誕生し、大分発の地鶏として期待される「おおいた冠地どり」も絶品です。

鶏肉の旨味を支えるイノシン酸が普通の地鶏より多く、肉質も柔らかくて上品な味を堪能させてくれます。

新鮮な刺身と鶏肉にこだわった店、「大分 魚○鶏吉」で食べられるので、ぜひ訪れてみてください。

大分 魚○鶏吉

大分県大分市都町1-2-9

http://www.jandj-food.co.jp/

 

りゅうきゅう丼

湯布院というより大分の名物郷土料理、地元では漁師飯として親しまれる「りゅうきゅう丼」も美味しいですよ。

サバやアジなど地元の新鮮な魚の切り身を醤油ダレに漬け込んで作るのですが、鮮度の高い魚の旨味がしっかりと伝わってくる・・上品な味わいがたまりません。

 

20時夜の観光

由布院駅前通りを散歩

由布院駅前

夜景もいいですが、由布院駅前の通りを歩いてみるのもいいですよ。

お土産屋さんがたくさん軒を連ねていて、見るだけでも楽しいですし、街並みもおしゃれで爽やかな気持ちになります。

通りの向こうにはシンボルの由布岳のシルエットが浮かび上がり、インスタ映えするシチュエーションを提供してくれていますので、写真を撮るのもいいでしょう。

また、ソフトクリームを売ってる店もありますので、食後のデザートに頬張るのもおすすめです。

 

雨乞牧場手前

由布院は温泉で有名ですが、実は夜景の綺麗な街でもあります。

というわけで、夕食後に「雨乞牧場手前」へ訪れるのは悪くないアイデアでしょう。

こちらは、湯布院町川上の雨乞牧場に繋がる道路沿いにある夜景スポットです。

狭霧台よりもさらに高い位置から湯布院の市街を望むことができ、くっきりと浮かび上がる山里の街灯りに感動することができます。

車が必要ですが、必見の価値があるので行ってみましょう。

 

2日目・7時温泉 

自然体の風流さが胸を打つ「金の湯」

金の湯

湯布院町の湯平温泉には全部で5つの共同浴場がありますが、その中で最も歴史が長いといわれるのが「金の湯」です。

建物も浴室もシンプルな佇まいで余分なものが一切なく、それでも雰囲気が抜群によくて風流でもある当施設は必見でしょう。

泉質は塩化物泉で胃腸への効能が期待でき、綺麗な湯に浸かりながら心と体を癒せます。

また、湯には金が混ざっているという言い伝えや、ルーツが麻生摂津守藤原秀勝にあるという話など、歴史の長さを実感させるネタにも事欠かず、

最高の湯と一緒に遠い昔にタイプスリップしたような気持にもなれます。

由布院駅から少し離れた場所にありますが、ぜひ訪れてみてください。

大分県由布市湯布院町湯平576番地

入浴料200円

営業時間6:00〜22:00

 

10時スポット巡り

金鱗湖

金鱗湖

金鱗湖は由布院の中心街にほど近い場所にある小さな湖ですが、雰囲気が良くて幻想的な風景も見ることもでき、おすすめです。

特に湖面から立ち上る湯気と、湖面が映し出す紅葉の世界は非常に美しく、感銘を受けること必至です。

散策路や撮影スポットもあるので、ぜひ歩いて訪れてみましょう。

大分県由布市湯布院町川上

 

12時ランチ 

Murata 不生庵

お昼はお蕎麦でいきたい!という方は、湯布院川上の無料塔の敷地内にある「Murata 不生庵」に行ってみましょう。

こちらは自然に囲まれた中に店があり、外の風景を見ながら、上品な出汁と風味の良い手打ち蕎麦が食べられますよ。

メニューはかけそば、ざるそば、黒豚蕎麦、蕎麦懐石・・おすすめは黒豚蕎麦です!

大分県由布市湯布院町川上1266-18
http://www.sansou-murata.com/facilities/fushoan/

 

湯布院 とり天 里や

立ち食いですが、湯布院町川上にある「湯布院 とり天 里や」はおすすめのグルメスポットです。

ファーストフードのようにカップに入ったとり天を提供していて、しかも揚げ置きなしの出来立てを出しているので、

肉がとっても柔らかくてアツアツなのです。

一度食べたら病みつきになること間違いなしでしょう。

大分県由布市湯布院町川上1551-11
http://www.toritensatoya.com/

 

14時スポット巡り 

湯の坪街道

湯の坪街道

JR由布院駅から徒歩10分の場所にある「湯の坪街道」は、買い物とグルメをまとめて味わうのに最適な観光ストリートです。

約800mの通り沿いに多くの店舗が軒を連ね、食事処やカフェ、レストラン、スイーツ、お土産などを提供しています。

通りの先には由布院のシンボル由布岳が聳え立ち、それを眺めながら散策するのがポイントです。

大分県由布市湯布院町湯の坪

 

17時温泉 

穴場的共同浴場「下ん湯」

下ん湯

旅の最後にふたたび温泉施設を訪れましょう。

ご紹介するのは由布院の中でも個性的な「下ん湯」です。なにが個性的かというと、ここは管理人のいない無人の半露天風呂で、しかも混浴だということです。

脱衣所も共同で入るのにいくらか勇気は必要ですが、金鱗湖の近くにあって風呂場から見える風景はいいし、やや熱めの湯も清潔感があって癒されます。

200円という安い入浴料も魅力ですよ。

所在地:大分県由布市湯布院町川上1585

 

まとめ

温泉施設を若干多めに組み込みましたが、グルメやスポット巡りも充実させています。

由布院は狭い範囲にたくさんの素晴らしい観光スポットがあるので、適宜、アレンジするのもいいでしょう。

ここだけの話ですが、実際行ってみると由布院には実にアイスクリームやパフェメニューのあるカフェが多く、パフェ好き女子には至福の街でもあります。

名物はロールケーキですが、パフェメニューが充実している点お忘れなく。

 
 

豊後高田市移住計画

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す