42年前に那覇空港から消えた象を探せ

象

Here we go

 

「1973年3月17日午前1時頃、バンコクから沖縄に送られてきた生後10ヶ月の小象(220キロ)が

那覇空港内TWA航空保全庫から木製のおりをやぶって外へ脱走」

(1973年3月17日付け、琉球新報夕刊)

[スポンサーリンク]

これ以降の新聞には

 
 
 
 
 
 

何も情報はありません

 
 
 
 
 
 

FM沖縄の生きる伝説

 
 
 
 
 
 

多喜博美アナウンサー

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

見つかった情報を知らなかった。

 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 

ことは

 
 
 
 
 
 

見つかってない!?

 
 
 
 
 
 
シーサー
 
 
 
 
 
 

沖縄なら

 
 
 
 
 
 

そこらで生きてそうだから…

 
 
 
 
 
 

名犬と捜査をしてきます。

 
 
 
 
 
 
コーギー
 
 
 
 
 
 

象の寿命を調べると

 
 
 
 
 
 
 

アジアゾウの寿命は80年

 
 
 
 
 
 
 

アフリカゾウの寿命は70年

 
 
 
 
 
 
 

記事では象の種類は分からないが

 
 
 
 
 
 
 

生存していれば42歳

 
 
 
 
 
 
 

後30年は飼う事ができます。

 
 
 
 
 
 
 

象を飼ったら

 
 
 
 
 
 
 

象が踏んでも恐れない筆箱

 
 
 
 
 
 
 

「アーム筆入」

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

本当に

 
 
 
 
 
 

「象が踏んでも恐れない」

 
 
 
 
 
 
 
 

のか?

 
 
 
 
 
 
 
 

試したり

 
 
 
 
 
 
 

「やっぱりイナバ 100人乗っても大丈夫!」

 
 
 
 
 
 
 

イナバ物置

 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 

「象が乗っても大丈夫!?」

 
 
 
 
 
 
 

なのか?

 
 
 
 
 
 
 

試したいんです。

 
 
 
 
 
 
 

1973年(昭和48年)は

 
 
 
 
 
 
 

沖縄が本土復帰(1972年(昭和47年)5月15日復帰)

 
 
 
 
 
 
 

してまだ1年

 
 
 
 
 
 
 

車も右側通行

 
 
 
 
 
 
 

日本国内での出生数ピーク(209万人)を迎えた年も1973年(昭和48年)です。

 
 
 
 
 
 
 

記事によると、象は当時、コザ市(現在の沖縄市)で開催されていた「世界動物まつり」に出演予定の三頭のうち一頭。

空港内にある保全庫内に一時収納されていた。

おりを破り、内カギを長い鼻でいじくり回し、外へ出たようだ。

その後、同空港到着ビル前の広場で職員二人が目撃。

職員ら到着ビル内に象を入れようと、準備する間に消えていたという。

 
 
 
 
 
 

とりあえず、ウンコらしい…

 
 
 
 
 
 
 
とりあえずウンコ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す