沖縄移住の現実!沖縄の良いとこ悪いとこ

沖縄海

沖縄に移住して10年、最初は驚いていたことが普通になり非現実が日常になりました。

沖縄病(沖縄の魅了に取りつかれた人)を拗らせて移住した多くの人が2〜3年で内地に戻っていく現実

何故、沖縄定住は難しいのか?

沖縄移住を検討している人は参考にお読みください。

 

沖縄の良いとこ

[スポンサーリンク]

年中暖かい

移住2年目から、12月後半〜2月は寒いですが今のマンションならストーブを炊くほど寒くありません

冬は北風が強いので体感的には寒いです。

 
 

服装に気を使わなくてもいい

現在、住んでいるのが沖縄の中部なので、大人も子供も島ぞうり・草履を履いてる人が多いです。

 
 

海が綺麗

海は凄く綺麗でスグに海にいけます

 
 

子供が多い

子供が多いので、街に活気があります

 
 

沖縄の悪いとこ

沖縄移住の現実

 
 

狭い

島なので仕方ないのですが、沖縄生活が長くなると遊びに行く所がなくなります。

 
 

土地が高い

坪単価が高くて沖縄で家を建てるのは大変です。

 
 

給料が安い

沖縄県の最低賃金は、693円(平成27年10月9日から)です。

 
 

野菜・果物が高い

沖縄で栽培できない野菜・果物は輸送費の関係で高いです。夏はゴーヤーが近所の家から届きます

 
 

台風が毎年やってくる

台風の直撃がない年もありますが、ほぼ毎年台風がきます。

内地では経験した事ない規模の台風ですので最初は驚きます。

 
 

まとめ

上記の沖縄の良いとこ、沖縄の悪いとこは私の主観です。

沖縄は独自の文化風習が、数多く残っていますので文化風習を理解して移住してください。

孫世代になってはじめて、ナイチャー(他府県の人)がウチナーンチュ(うちなーんちゅ)「沖縄人」と認められるような気がします。

 

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。

危ぶめば道はなし。

踏み出せばその一足が道となる。

迷わず行けよ。

行けばわかる

–   アントニオ猪木

 
 

沖縄移住情報

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す