沖縄の水は本当にまずい?沖縄移住の現実!

水

水が豊富な国に住んでいながら、日本人はいつから水を買って飲むようになったのでしょうか。

水道水はまずいといわれて久しいですが、とりわけ沖縄の水はまずい!?

 
[スポンサーリンク]

 

沖縄の水はなぜまずい?硬度が高いからって本当?

水

よくいわれる原因のひとつに「沖縄の水は硬水だから」ということがあります。

たしかに、本土に住んでいる人は軟水に慣れ親しんでいるので、水道から出てきた水が硬水だと「美味しくない」と感じるでしょう。

硬度が高い水というのはカルシウムとマグネシウムの含有量が多く、料理に使った時にもくせのある味になってしまうんです。

ご飯を炊く時も白米の甘味を感じるには軟水の方が適していますし、みそ汁やコーヒー、紅茶などの飲み物も、ストレートに水の味が出るので、硬水はあまり適してないといえます。

でも、硬度が高い=まずい、ではエビアンやペリエ、コントレックスなどのミネラルウォーターは誰も飲まないと思いますが、そうではないですよね。

沖縄の水道水がまずいといわれるのは硬度が高い上に、水道水であるがゆえの「塩素臭」もその原因になっているようです。

 

本土では見られない「給水タンク」が原因?

沖縄・水タンク

沖縄の建物の上についている、大きなドラム缶のようなもの。あれは何に使っているのかご存知でしょうか。

水が不足しがちな沖縄では、各家庭に給水タンクがあるのが当たりまえ。

今ではだいぶダムも整備されて、昔のようにしょっちゅう断水することはなくなったものの、自衛の方法として給水タンクが普及しているのです。

沖縄は本土と違って珊瑚礁の土壌。保水力が極めて低く、雨がすぐに海に流れてしまうため、水を確保するのは死活問題だったんですね。

ところがその給水タンクに問題が!

定期的なメンテナンスが必要で、これを怠るとまずいどころか「危険な水」に。

沖縄で美味しい水を飲むのは本当に大変そうです。

 
 

沖縄で塩素臭のしない安全で美味しい水を飲む方法

美味しい水

そのまま飲んでも美味しくて、料理にも使えて、そして安全な水を飲む方法があります。

それは「ウォーターサーバー」を使う方法。

いつでも美味しい水を飲むことが出来て、水だけでなくお湯も使えるのがポイントです。

味そのものもそうですが、普段硬水を飲み慣れていない人が急にたくさん飲むとお腹の調子が悪くなる場合もあります。

それなら身体にあった水をいつでも美味しく飲めた方がいいですよね。

まずは無料お試しで1週間試してみませんか。

ウォーターボトル(12リットル)が使えるだけでなく、サーバー料、あんしんサポート料も無料です。

ウォーターサーバーを使えば、いつでも新鮮な水が飲めて定期的なメンテナンスもしてもらえるから安心です。

もう沖縄の水がまずいなんて心配はいらなくなりますよ。

大事なご家族に、安心・安全なお水を。

安全性、衛生面を重視するならウォーターサーバーがオススメです。

 
 

おすすめウォーターサーバー

 
 
 

沖縄移住情報

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す