三代目と言えば?「山口組」三代目を思い浮かべる方!必読「沖縄ヤクザ史」

沖縄ヤクザ

沖縄ヤクザ史 ~戦世50年~

琉球王朝が17世紀早々に薩摩藩の支配下となった薩摩世(さつまゆ)、19世紀、明治政府から強制された琉球処分による大和世(やまとゆ)、第二次世界大戦敗戦後のアメリカ世(あめりかゆ)と長年にわたり植民地としての歴史を持つ沖縄は“日本”でありながら独特の大和不信を根に持ち、本土の差別と闘ってきた。
[スポンサーリンク]

そんな土壌の中、沖縄のヤクザは大和の任侠とは一線を画する発祥があり、独特の道を歩んでいる。

沖縄本島民の3名に1名が命を落とした太平洋戦争、連合国アメリカは、その直後も過酷な支配統治により民衆の苦しみを終戦と共に断ち切ることなく続けさせた。

その主だった地獄は食糧不足による餓え。

占領軍の備蓄庫から食料を盗まざるを得ない生存闘争は“戦果アギャー”と呼ばれ、これを強行する義賊“アシバー”が沖縄ヤクザの発露とされている。

博徒や神農(的屋)を元とする本土のヤクザとは大きく違う所以だ。

命を懸けた荒事を遂行するアシバーは、段々と愚連隊化し、徒党を組んで組織化していく。

 

特飲街の治安維持と“ターリー” 喜舎場朝信、“ミンタミー” 新城喜史、コザ派

そんな終戦直後の混乱も収まってくると進駐軍の慰安場所として越来村(現沖縄市)にAサインバー(米軍が許可した軍属利用可の酒場)が立ち並び、賑わい、特需をもたらした。

しかし、占領軍的意識の強い米兵が悪酔いすれば、暴行や踏み倒し、器物破損が日常茶飯事となり、彼らの逮捕権を持たない警察官やいつ来るとも知れないMP(ミリタリーポリス)だけでは店舗の安全を維持できなくなり、自衛の為に民間セキュリティーたる用心棒が必要とされることとなる。そこに当てはまった強者が元アシバーたちであった。

そんな彼らをグループ化して束ねたのが“ターリー”と呼ばれる顔役、喜舎場朝信である。

沖縄最大の歓楽街だったコザでは“十人組”というリーダーたちが喜舎場の下に集まったが、ここで最も頭角を現したのが伝説の親分“ミンタミー”新城喜史だ。

新城喜史

豪放磊落で面倒見の良い親分肌の新城を慕う輩は増加し、大グループ“コザ派”が形成される。

 

“スター”又吉世喜と那覇派

コザに続いてAサインバーや風俗店が集まり活況を呈した那覇は、アシバー達とはまた違う空手を嗜む喧嘩自慢が用心棒の職に就き別働グループを形成していた。

その中心となったのが“スター”こと又吉世喜である。

又吉世喜

幼少期から剛柔琉の空手を習い天才的なセンスを発揮した又吉の膂力に敵う者はなく、孤独を好み質実剛健で控えめな性格ながら必然的にボスへと押し上げられて“那覇派”を率いることとなる。

コザ派と那覇派の両軸を束ねる喜舎場は、新城が長男、又吉は次男かのように可愛がり沖縄アウトロー界のバランスを保っていた。

1952年よりしばらく、両派は地理的にテリトリーが離れていたこともあり利害関係に衝突はなく10年ほど何事もない共存路線が続く。

だが、1961年より始まる抗争は「本土とは比べ物にならない」と形容される程の過激さで凄惨な事件を重ねていく。

 

本土ヤクザとの違い

任侠の系譜をもたない沖縄やくざ

ここで本土の任侠と沖縄ヤクザの違いを解説したい。

① 歴史が短い 戦後から新生した沖縄ヤクザには長い伝統が存在しなかった。

② 任侠思想、擬制血縁がない 親分と子分が盃を交わすような慣習がなく、任侠道を説く教育もなされなかった。

③ 上下関係の緩慢 任侠的親子の厳しい上下関係ではなく、兄弟(ちょーでー)といった調子で緩やかに結ばれており、その分、忍耐の導火線も短かった。

④ 小グループ中心の組織的構造 血縁や地縁を中心とした数人の小グループを中心とする為、組織力が弱く、利害や感情のもつれから喧嘩になりやすい。

⑤ 絶対的仲裁者の欠如 圧倒的な力を持つ大親分や第三者勢力が皆無で、抗争事件が起こった場合、仲裁に立つ存在がなかった。

⑥ 武器調達の安易

米軍流れの銃器が入手し易く、しかも強力な火器や手榴弾などの武器が本土よりも多く流通していた。

当初は“組”や“一家”といった本土的な団体名を名乗らなかったことからも独特な沖縄ヤクザは、これらの特徴から抗争を始め易く、それをエスカレートさせる傾向が強かった。

“戦世(いくさゆ)”と形容されるほどの過激な抗争劇は、現在に至るまで第6次に分別されるまで長く続いていく。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す