文章を書いてお金をもらう!お小遣い稼ぎライティングサービス5選

文章を書いてお金をもらう!

「文章を書いてお金をもらう」というのは、多くの人が興味を持っていることだと思います。

「好きな時間に働ける」「好きな場所で仕事できる」という点で、特に主婦の女性や、育児などの都合で通勤のアルバイト・パートができないという方々に、メリットが大きいです。

ここでは、「在宅ライティングでお金を稼げる」サービスで、特に人気のものを5つ紹介します。在宅ライターとしてお仕事を始めたいと考えている方は、ぜひこれらのサイトをチェックしてみて下さい。

[スポンサーリンク]

人気在宅ライターサービス【Shinobi】

 
Shinobiは、在宅ライターの方々の間で人気のクラウドソーシングサービスです。ランサーズやクラウドワークスなどの「全ジャンル」のクラウドソーシングと違い、「ライティング」に特化しているので、在宅ライターの方々がお仕事を探しやすくなっています。

特徴的なのは「1000文字以上」「500文字以下」というように、文字数別のカテゴリが細かく分かれていて、自分が書きやすい長さのお仕事を、探しやすいという点にあります。

また、自分の投稿文字数のランキングが毎日わかるようになっていて、モチベーションも高まります。自分の執筆のスピードが、他のWEBライターさんと比較して、どのくらいのレベルなのか知るためにも良いサービスでしょう。

 

ライティング特化型のクラウドソーシング・REPO(ルポ)

 

REPO(ルポ)も、Shinobiと同様にライティングに特化したクラウドソーシングのサービスです。REPOの特徴は、支払いが早いということ。報酬が1000円以上たまったら、それですぐに引き出すことができます。

承認の時間もあるので、さすがに日払いとまではいきませんが、クオリティの高い文章を書いてすぐに承認してもらえる在宅ライターさんであれば、週払いくらいのスピードは可能かも知れません。

案件については、個別の企業様と交渉する必要はありません。ルールや内容がすでに書かれていて、それに合致したものを投稿フォームに掲示板のように書き込むだけで、納品が完了します。それが承認されれば自動的に報酬が確定するということです。(いい意味で自動販売機のような印象です)

文章の内容チェックはREPOでは自動的にされます。例えば、禁止ワードに「思う」があったら、「~と思います。」などの文言があると、それで自動的に投稿不可となります。逆に言えば「投稿が完了した時点で、ルールはすべて満たしている」ということです。あとは内容が相当ひどくない限りは、大体承認されるということですね。このわかりやすさもREPOの魅力だと言えます。

 

SEO記事代行【Shinobiライティング発注】

 

「SEO記事代行」は、Shinobiライティングの「クライアント様側」のサービスです。つまり在宅ライターの方々に「発注をする方」のサービスですね。

ライターさんにとっては直接関係ないと思われるかも知れませんが、Shinobiでより良い仕事をして、より好条件のお仕事をいただくためにも「発注する側のクライアントさんが、どのようなサイトを見ているのか」ということは、知っておいた方が良いでしょう。

そうしてクライアントさんのニーズを把握しておけば、ご依頼を受けた時点で「何をすれば修正がないか」ということがわかります。在宅ライターの方々にとって「修正」というのは鬼門の一つですが、大事な作業なので欠かすわけにはいきません。

しかし、やはり修正がない方が、在宅ライターさんだけでなく、クライアントさんの側も楽なので、そうした修正を事前になくすように、特にShinobiで仕事を探すライターさんは、この「SEO記事代行」を一度チェックしておくといいでしょう。

 

日本最大級の記事特化型クラウドソーシング【サグーワークス】

 

サグーワークスも、ShinobiやREPOと同様に、ライティング・記事作成に特化したクラウドソーシングのシステムです。パソコンでじっくりと書くライティングのお仕事だけでなく、スマートフォンやタブレットで出来るような「アンケート回答」のお仕事もあるので、スキマ時間を有効に活用する上でも、在宅ライターさんにおすすめのサービスです。

案件については、初心者のライターさん向けの「簡単テキスト作成」というジャンルや、ある程度の経験者の方向けの「高単価ライティング」というジャンルなどに分かれています。こうしたカテゴリ分けのおかげで、自分が探している条件に合致する案件が、見つけやすくなっています。

WEBライターさんにとって、「案件を探す時間」というのは、仕事時間のうちかなりの部分を割くものになります。ある程度固定の企業様と取引できるようになれば、この時間はゼロになるのですが、最初のうちはここで時間がかかるものです。そうした時間が短縮できるという点で、サグーワークスの仕事検索のシステムは、便利だと言えます。

 

高単価の在宅ライターサービス【サグーライティングプラチナ】

 

上記のサグーワークスの中でも、特にレベルの高いライターさん限定で参加できるのが、「サグーライティングプラチナ」です。独自のテストを受けてクリアすれば、それで高単価のお仕事をいただくことができます。

テストというと難しく感じるかも知れませんが、才能はさほど要りません。あくまで誤字脱字がないとか、クライアントさんのご指示をきっちり満たせる、納期を厳守できる、というような「当たり前のことを、当たり前に出来る」ということが条件になります。

プラチナライターの方々だけあって、かなり稼いでいる方が多く、月収20万円レベルの方も多数見えます。もはや副業を通り越して、専業のレベルですが、WEBライターとして生活したいと考えている方に、特におすすめのサービスでしょう。
 

まとめ

以上、在宅ライティングのお仕事で報酬をいただけるサービスで、おすすめのサイトを5つ紹介してきました。いずれもライティングに特化したサービスなので、案件を探すのも非常に簡単になっています。

経験者やプロのライターさんのための、1文字1円以上の高単価の案件もたくさんありますし、逆にスピード重視でガンガンかける、少し単価は安めだけど、お仕事量はいくらでもある、という案件もあります。

また、在宅のお仕事が初めての方なら、誰でもできるアンケート回答などのシンプルなお仕事もありますので「ネットでお金を稼ぐ」ということを初めて体験するためのサービスとして、これらのクラウドソーシングのサイトを活用することは、大きな意義があるでしょう。

好きな時に好きな場所で働くという自由な生活の第一歩として、あるいは副業で月数万円のお小遣いを稼ぐためのスタートとして、ぜひこれらのクラウドソーシングを活用してみて下さい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す