成果報酬型のSEO対策でコスト削減!

seo対策

SEO対策

SEO対策では、まず第一にGoogle検索での表示結果順位を上位化させます。

Yahoo!JAPANの検索機能は、Googleによる検索結果順位を受けて同じ順位で表示させるため、GoogleにSEO対策をすれば同時にYahoo!JAPANのSEO対策にもなるからです。

[スポンサーリンク]

対策としては、サイト内のHTMLタグやリンク構造を徹底調査し、上位化される内容に最適化していきます。

 
 

成果報酬型

成果報酬型ではこの最適化に際して、結果が出なければ報酬は発生しません。

初期費用なしで登録できますので、本当に上位表示されるのか不安な場合でも気軽に申し込めます。

もちろん自社での対策もできないことはありませんが、その場合は膨大な量のキーワードの地味な選定作業を時間をかけて行い、上位化したあとでも継続して対策を行い続けなければなりません。

さらにそうした努力をしても常に上位表示されるとは限らないのです。

また、検索回数が多いキーワードでは成約率が低く、費用も数十万を超える高額となります。

 
 

キーワード

やはり専門の技術者に任せた方が効率的なのです。そして成果報酬型であれば、上位化されるまで費用が発生しませんので、コスト削減になります。

上位化されなかった日数分の費用は一切かかりません。

なかには、初期費用として費用を請求する業者もありますので気をつけてください

これまでは上位順位か否かに関わらず、毎月固定額が発生する固定報酬型がほとんどでした。

しかし企業側の認識が変わり、多くが成功報酬型となってきました。

このタイプでははじめに準備期間を設定し、上位化達成後に契約開始となります。

ただし、本命ではないサブキーワードが上位表示されただけで料金が発生する場合もありますので、契約時に確認する必要があります。

メインキーワードが上位表示されてはじめて成果があったと見なすのか、それともサブキーワードの上位化も支払い対象となるのか、その点を確かめてから契約に望むべきでしょう。

 
 

費用

初期費用なしであっても、保証金として一定額(例えば月額1か月分500円)を納める場合があります。

この場合、上位化達成、あるいは未達成とは関係なく、契約の終了とともに全額返金されることがほとんどです。

報酬はメインキーワードの上位化達成と同時に、4つまでのサブキーワードを無料で上位化するところもあります。

契約中に順位が下がった場合は、下がった日数分の料金は発生しないことを確認するべきです。

Google以外の検索エンジンの指定が可能かどうかなども、契約前に確認しておきたい事項です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す