悪質な業者に騙されない!SEO業者のチェックポイントとは!

seo対策

検索エンジン最適化

自社や自分の管理するWEBサイトを、多くの人に閲覧・利用して貰いたいと考える人にとって、SEO(検索エンジン最適化)は非常に重要です。

例えば、独自のECサイトを立ち上げた場合は、大手のインターネット通販サイトに対抗しなければなりません。

[スポンサーリンク]

その対抗手段の一つが「サイトにアクセスする経路を増やすこと」であり、その最も有効な手段の一つが「検索サイトで上位表示されるようすること」と考えられています。

ところが、大手企業のサイトや何年も経営しているサイトと比較すると、後から参入したサイトはどうしても遅れをとってしまいます。

検索エンジンが上位表示するための判断基準の一つが「より多くの人がアクセスしているサイトであること」と言われています。

そうなると、当然ながら新規参入したサイトは知名度が低く、アクセス数はなかなか伸びません。

アクセス数が伸びないと上位表示がされづらく、やはりアクセス数が伸び悩む、という悪循環に陥りやすいのです。

 
 

SEO業者

そんな多くのサイト運営者の悩みを解決する存在の一つは、SEO業者です。

彼らは検索エンジンのアルゴリズムやその動向などに精通し、より効果的な対策を講じることができます。

特に「インターネットの仕組みがよく分からない」という方にとっては、非常に頼りになる存在と言えるでしょう。

ところが、中には「依頼しても効果がほとんどない」あるいは「反対に悪い結果につながった」という悪質な業者も存在しますので、依頼する場合は幾つかのチェックポイントを確認し、信頼できるかどうかを見極めることが大切です。

 
 

SEO業者の見極め

まずは相手の「実績」は必ずチェックしましょう。

「実績は企業の情報漏えいなどに繋がるので、詳細には言えない」と濁されてしまうことも多いのですが、まずは相手がどのような応対をするかも大切なポイントです。

次に、具体的な施策の内容とその料金体系について一つ一つ提示して貰いましょう。

「全体の管理を行う」などという曖昧な表現をする場合は危険と考えた方がリスクが回避できます。

また、「被リンク数を増やす」という施策を提示してきた場合は、既に検索エンジンのアルゴリズムや理念には沿わない方法と考えられているので、避けることがおすすめです。

検索エンジンは「ユーザーが閲覧したくなるような優良コンテンツを持つサイト」を良質と判断します。

このため、サイトのページ(コンテンツ)の内容が最重要視されています。

そういった質(コンテンツ)に関わる部分をフォローしてくれる、あるいは代理作成してくれる業者を探し、依頼することが大切です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す