ホームページの制作を委託するときに確認して欲しい大事なこと!

ホームページの制作を委託するときに確認して欲しい大事なこと!
最近では様々な人が自分のホームページを作成するようになりましたが、ネットに関する知識がないので自分では作ることができずWEB制作会社に作成を委託することがあると思います。

なるべくなら格安で作りたいところですが、注意しなければならないこともたくさんあります。

[スポンサーリンク]

充分に確認を行わないと、出来上がりを見て愕然としてしまったり、余計なお金が必要になってしまう可能性もあります。

注意すべきポイントをしっかりと押さえて賢いホームページ作りをしましょう。

なお、ホームページを自分で作成したい方は、以下のリンク先をぜひ先にご一読ください。

 
 

自分が求めるサイトについて決めてるか?

自分が求めるサイトについて決めてるか?
Webサイトと言ってもどういう目的で作るのかによってサイトの形式は大きく異なります。

例えば企業の公式サイトとイラストを展示する創作サイトでは、閲覧する客層も狙いも全く異なるので、形式も全く異なります。

どのようなサイトにしたいかはきっちりとまとめておきましょう。

 
 

具体的な予算は決めているか?

具体的な予算は決めているか?
思ってたより製作相場が高くて諦めようかという時にも心配はありません。

制作会社は決められた予算内で仕事をするのが仕事なのですから、具体的な制作予算を事前に提示してから交渉を始めると良いです。

 
 

既成品でもいいのか?

既成品でもいいのか?
Webサイトにもテンプレートがありますから、それらをいじって自分のサイトにしてしまうのが一番早くて楽なやり方です。

そういう既成品を用いる場合は予算は安くなります。

反対に自分のこだわりぬいたオーダメイドで作ってもらう場合は予算は高くなります。

どちらがいいかは予算次第、求める客層次第で決めましょう。
 
 

管理費を考えているか?

管理費を考えているか?
Webサイトの維持にもお金がかかります。

サーバー料金やバグ処理、ドメイン料金などには毎月一定のお金がかかります。

予算の中にそれらへのお金が含まれているかは確認しておきましょう。

 
 

納期は大丈夫なのか?

納期は大丈夫なのか?
出来上がりがいつになるのかは考えておきましょう。

特に企業のサイトだと完成期限があると思います。

ただし良いWebページを作る場合には必ずしも予定通りに進むとは限りません。

良い物を得るには余裕をもって納期を設定するべきです。

最悪の事態に備えて、TOPページや概要のページを優先して公開できるように優先順位をつけるなどしておきましょう。
 
 

アフターサポートは大丈夫か?

アフターサポートは大丈夫か?
Webサイトにはバグがつきものです。

そしてバグは大抵、突然現れるものです。

そういう時に迅速にバグに対応してもらわないと信用を失ってしまう可能性があります。

自分で対処できない場合にすぐに連絡できるのかは確認しましょう。

電話対応してもらえると安心です。
 
 

サーバーはどうするのか?

サーバーはどうするのか?
Webサイトを公開するためにはサーバーが必要です。

サイト管理のためにはサーバーのメンテナンスも必要なので、多少の専門知識も必要となります。

自分でできないのなら制作会社に管理を一任してしまったほうが安全です。

ただしそのためには別途予算が必要になるので、予算が出せるのか確認しましょう。

 
 

ドメインはどうしようか?

ドメインはどうしようか?
URLを自分の考えたオリジナルのアドレスにしたい方には独自ドメインを確保する必要があります。

独自ドメインにも別途料金が必要になる場合が多いので、自分で管理しきれない人は制作会社に一任できるのか確認しましょう。

 
 

キーワードを考えてあるか?

キーワードを考えてあるか?
自分のサイトを広告宣伝するのに一番よい手段は、検索エンジンで検索して上位にでるということ。

自分のサイト独自のキーワードを考えておけば、サイトがとても探しやすくなります。

キャッチーなキーワードがあると便利です。

 
 

WEB制作会社に頼むかフリーランスに頼むか?

WEB制作会社に頼むかフリーランスに頼むか?
WEB制作会社にも様々な形態があります。WEB制作会社の場合は信用もあり安心して頼めますが、制作が縦割りで分化してしまっているので意思統一が難しいのが難点です。

フリーランスの場合には親密に相談して多少の希望も通してくれるのが便利ですが、個人の技術に依るところが大きいので、その人の制作実績を確認しておく必要があります。
 
 

素材はどうする?

カメラマン
ホームページで使用する素材は、自分で揃えるのか?業者が揃えるのか?確認しましょう

 
 

スマホ対応にする?

スマホ対応にする?
スマートフォンが爆発的に普及している今の時代には、スマートフォンに対応したWebページにしておくと集客率が上がることは間違いありません。

ただし、スマートフォンとパソコンでは画面のサイズが異なるので、デザイン次第では見難くなってしまう可能性があります。

スマホ用とパソコン用で全くサイト形式を分けるやり方もあるので、どのような方法にするかは決めておきましょう。

 
 

アクセス解析はついてるか?

アクセス解析

アクセス解析がないとどれだけの訪問者か来てくれるかを確認することができません。

アクセス解析は必ずつけるようにお願いしておきましょう。

無料で高い品質のサービスを受けることもできます。

 
 

定期的な更新をする人は誰?

定期的な更新をする人は誰?

作ったWebサイトをそのままずっと更新せずに使い続けることはできません。

最新の情報に更新するのを誰が行うかは確認しましょう。

自分たちで更新できないようなら、定期的に更新して欲しい内容を制作会社に提示して更新して貰う必要がありますが、別途料金がかかります。

 
 

ネット広告を出すか?

ネット広告を出すか?
Web上の広告は普段の閲覧時には迷惑な存在かもしれませんが、いざ事業を始める時には広告はとても大切な存在です。

必ず全ての人がクリックしてくれるわけではありませんが、1人でもクリックしてくれるように地道な努力が必要です。

検索結果の上位表示させる為に広告料金はかさみますが広告掲載を一回考えて見てください。

Yahoo!での検索ユーザーの方が広告経由で購買する可能性が高いデータがあります。

 
 

ブログをつけるか?

ブログをつけるか?
企業のWebサイトにも運営ブログがあったりしますが、ブログのメリットは更新のしやすさです。

素人でも更新がしやすいので、専門知識がない人は付けておくと安心かもしれません。

ただし、更新しなさ過ぎるとみっともないです。

定期的な更新ができるようにしましょう。

 
 

SNSはやるか?

SNSはやるか?
Webサイトを制作したことをきっかけにSNSを始めるのも広告になります。

Twitter、Facebookなどのツールを利用してサイトの宣伝を行うか考えておきましょう。

 
お時間を割いて最後までお読みいただき、どうも有難うございました。

 
お申込し込

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す