SEO対策はコツをおさえて!ペナルティの危険性とは?!

seo対策

SEOとは?

SEOとは日本語で「検索エンジン最適化」と言い、検索サイトでキーワードを検索した時、自分の管理するWEBサイトをより上位表示させるための施策のことを示します。

インターネットを用いた業務や商売が一般的になった現在においては、「なんとなく名前を聞いたことがある」という方も多いことでしょう。

[スポンサーリンク]

実際、上位に表示されるかどうかで、サイトの認知度や利用者数に大きな違いが生まれてくるため、WEBサイトを運営する人は、個人・法人を問わず「今こそ我々も対策をしなければ!」と考える人は珍しくありません。

ところが、SEO対策は一朝一夕で対応することは難しく、更に誤った手段を用いてしまうと、ペナルティを受けてしまう可能性があります。

そのような事態を避けるためには、検索エンジンの仕組みや動向について理解することが大切です。

 
 

アルゴリズムの変化

例えば、世界中のユーザーが利用している巨大検索エンジンである「Google」は、「利用者にとってより質の高いサイトを届ける」ということを目標として掲げています。

そして、その理念の実現のために、これまでに何度も検索エンジンのアルゴリズムをアップデートしているのです。

実は、2010年頃までの検索サイトで上位表示されるサイトの中には、「他のサイトなどの情報をコピー・加工しただけで、閲覧者にとって利用価値の低いもの」などが多数ありました。

これは、当時の検索エンジンのアルゴリズムを逆手にとり、検索エンジンが高評価と判断するサイトをSEO対策担当者が作ったために起きた現象です。

Googleはこのような問題を解消すべく2012年に大型のアップデートを行い、現在は「他のサイトから文章をコピーしている」「キーワードを複数繰り返すだけで中身がない」「他サイトから過剰にリンクを貼る」といった過去もてはやされていた方法を用いると、

自動的に「質が低い」と判断し、上位には表示させません。

度が過ぎると判断された場合はより強いペナルティを課すようにしているため、検索結果の表示順位は非常に低くなります。

 
 

SEO対策

このような問題を回避するためには、第一に「継続的にオリジナリティの溢れるコンテンツ(文章など)を更新すること」を心がけましょう。

また、目標とする検索エンジンのガイドラインを確認し、「良かれと思ってやっていた行為がガイドラインに抵触しないか」もチェックすることが大切です。

万が一、故意に行ったわけではないのにペナルティを課されてしまった場合は、各検索サイトの示す手順を用いて、解除の申請をする必要がありますが、審査に時間や労力がかかりますので、出来るだけ「そもそも問題にならないようにすること」が大切です。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す