作業の効率化に!レスポンシブWebサイト作成に役立つツール

業務改善

パソコンだけではなくiPhoneやiPad、Galaxyなどのスマートフォンやタブレット端末に自動対応できるサイトが定着してきました。

そのようなレスポンシブ対応のサイトは、作成が難しいように思えますがツールをうまく使えば、そこまで難しくはありません。

[スポンサーリンク]

ここでは、レスポンシブ対応のサイト作成に役立つ便利ツールをお届けします。

 
 

レスポンジブOK!短時間でWebデザインできるフレームワーク

フレームワークを使えば、初心者でも、ベテランなら短時間でWebデザインを完了できます。

一からCSSをコーディングするのではなく、テンプレートの役割をするCSSフレームワークをもとにコーディングすることで、かなり効率化できます。

しかも最近は、レスポンシブOKが当たり前です。

 
 

Twitter bootstrap

Twitter-bootstrap
すっかり有名になったTwitter bootstrapは、Twitterが配布するレスポンシブ対応のフレームワークのオープンソースです。

レスポンシブ対応のサイト作成の経験がない初心者でも使いやすく、ハイセンスなデザインばかりで好評です。

 
 

Pure

Pure
Pureは、Yahoo!が開発して公開しているCSSフレームワークです。

シンプルで軽量なフレームワークが多いので、超初心者でも使いやすいです。

また、アレンジして使いたいエンジニアにも人気の基本フレームワークが多いです。

 
 

Foundation

Foundation
高機能でレイアウトのバリエーションも豊かなテンプレートが多く、Twitter bootstrapと同じくらい利用者が多いです。

デザイン性だけでなく機能性を求めているWebデザイナーにおすすめです。

 
 

レスポンシブ対応のWebデザインギャラリーサイト

フレームワークを使ったサイト作りから、さらにオリジナリティあるレWebデザインに仕上げるためには、参考デザインが役立ちます。

スマートフォンなどにも対応するとなると、サイズによってデザインが変わるので、参考サイトをもとに煮詰めていきたいですよね。

そんなときに役立つのが、ハイセンスなWebデザインを集めたギャラリーサイトです。

 
 

Responsive Web Design JP

Responsive-Web-Design-JP
Responsive Web Design JPは、日本の素晴らしいサイトのWebデザインを集めたギャラリーサイトです。

日本国内向けのサイト作成をする際に参考になります。

スマートフォンやタブレット、パソコンなどの3つのパターンでキャプチャ閲覧できるのでスピーディーにチェックできます。

 
 

MediaQueries

MediaQueries
海外向けのレスポンシブ対応サイト作成のWebデザインの参考にしたいのがMediaQueriesです。

こちらは、スマートフォンやパソコンなどの4つのパターンのキャプチャ閲覧ができて、各サイズのデザインを素早くチェックできます。

 
 

iPhoneやAndroidなどの表示を確認するツール

仕上がったレスポンシブ対応サイトの表示確認をする際に役立つツールをご紹介します。
 
 

Responsive Design Testing

Responsive-Design-Testing
スマートフォンやパソコンなどの端末分けではなく、横幅サイズで複数の表示をキャプチャしてくれるサイトです。

URLボックスに確認したいサイトのファイルパスを入れるだけで一覧表示されます。

 
 

The Responsinator

The-Responsinator
The Responsinatorでは、iPhoneやiPad、GalaxyやGalaxy tab、さらにはKindleなどのスマートフォンからタブレット端末の表示確認ができます。

このように、フレームワーク配布サイトやギャラリーサイト、表示確認ツールを使うと、作業効率も上がるので、レスポンシブ対応サイト作成にお困りなら、是非、役立てていただきたいです。

 
 

最後に!

格安でホームページを制作する為には作業時間の短縮は必須です。

まだまだ便利なツールはありますが、Web制作で使用したツールを紹介いたしました。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す