Googleサイトとは?メリット・デメリット

Googleサイトとは?

Googleサイトとは

Googleサイトは、「インターネット上で画面を操作しながら、簡単にホームページを作成できるサービス」です。

Googleが提供するものなので、サーバーの安定性などの信頼度も抜群です。

本来、WEBサイトと制作するには「HTML」というコードの知識が必要になります。

わかりやすく言うと「プログラミング」のようなものです。(プログラミングほど難しくないのですが、ジャンル分けするなら、そういうイメージです)

Googleサイトでは、そのHTMLの知識がまったく不要です。

ワード・パワーポイントなどのソフトでレイアウトをする時のように、画面上で色を変えたりしながら、サイトをデザインできます。

[スポンサーリンク]

 

メリット

メリットはやはり「簡単にできる」ということ。

それから「企業サイトでも使えるほど、レベルが高い」ということ。

「無料で画面上でできるようなサービスで、企業サイトを作っていいのか?」と思うかも知れませんが、中小企業のコーポレートサイトだったら、十分すぎるレベルです。

何しろGoogleが提供するサービスですから、つぎ込んでいる資金や人材のレベルが桁違いなのです。

そのため、テンプレートのデザインもハイレベルですし、操作性も高くなっています。

パソコンやWEBのことがまったくわからないという社長さんや個人事業主の方でも、簡単に自社HPを持つことができるでしょう。

もちろん、Googleサイトはビジネス用に使うだけが、利用用途ではありません。

個人の方々が趣味でホームページを公開する、という使い道でも最適です。

たとえばGoogleサイトのトップページでも、テンプレートの例として「家族のWEBサイト」とか「プレイグループ」というものがあります。

これらのテンプレートを活用すれば、お子さんの成長記録をホームページで残したり、趣味の仲間と連絡を取り合うためのページも作れるということですね。

また、Googleのサービスということもあり、GmailやGoogleドキュメントなどのサービスとの連携も非常にしやすくなっています。

特にビジネスの用途で、これは大きなメリットでしょう。

 

デメリット

Googleサイトのデメリットは、「上級者にとっては、物足りない」ということです。

いくらテンプレートが綺麗でも、やはり完全ではありませんからね。

「ここをあとちょっと左にずらしたい」などの細かい操作が、どうしてもできないことがあります。

ただ、そのレベルまで行ったら自分でホームページビルダーを使ったり、Dreamweaverを使用してサイトを作ったりすればいいだけなので、特に大きなデメリットではありません。

なお、デメリットではなくたまにある勘違いですが、Googleサイトでホームページを作ったからといって、SEO、いわゆるアクセス対策で有利になるということはありません。

そうした内容の提案をしてくる制作会社の方がもしかしたら見えるかも知れませんが、そのようなメリットはないので、この点のみ注意してください。

 

まとめ

以上、Googleサイトのメリット・デメリットや、使用方法についてまとめてきました。

もはや自分のお店や自社のホームページを持つのは、特別な時代ではありません。

ぜひこうしたサービスを使って、無料で簡単に、綺麗なサイトを作成して下さい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す