要注意!全く意味を持たない、SEO施策の上位保証について。

seo対策

SEO上位保証の落とし穴

SEOの上位保証は、思う程アクセスの上がらないサイトのオーナーにとって非常に魅力的なものに見えますが、実はここにワナがあります。

実際に契約し運用してみてもその効果は非常に短期間にしか効果が見えないか、又は殆ど効果を発揮しないかのどちらかになる事が殆どです。

[スポンサーリンク]

SEOの施策は、ターゲットになる検索エンジンにとって解釈に有利な形になる様にWebサイト内へ手を入れて、「検索エンジンからの評価を良くする」という作業を忠実にこなして行く事が成果を生み出すという考え方は年代を問わず共通のものです。

しかし、検索エンジンの順位表示を上位に置いていくかどうかの順位的な位置を決める権利は施策業者の側ではなく、検索エンジンサイトの持つデータベースに登録されたデータを解析、審査するプログラムに持たされています。

そしてこのプログラムは、適切な時期に更新が行われます。

 
 

ペナルティで下落

過去にGoogleが行ったサーバープログラムのアップデートでは、機械的、物量的な手段で検索順位を不正に釣り上げたサイトが粛清される形で順位の後方へ転落しました。

当時この影響を強く受けたサイトに「機械的に生成した被リンクをターゲットのサイトに結び、被リンクの件数を莫大な物として巨大サイトに見せかける」という裏技的な方法を使ったものがありました。

これは対象の被リンク先サイトのコンテンツ内容、サイト内部を比較内容として参照しておらず、リンク先とのコンテンツの関連性を計算していなかった盲点をついたものですが、対策更新によって該当箇所の比較を行う事により「何の関連性も無いサイトの寄せ集め」であると判定され、不正行為として処理された訳です。

 
 

アルゴリズムの変化

検索エンジンは、データ処理のアルゴリズムを変更させるだけで、表示される検索結果にこれだけの変化を生じさせるのですから、当然、施策業者にはそもそも表示順位の保証を付けられるという事自体があり得ない事と考えるべきです。

サイトオーナーの自尊心や目的意識として上位を狙おうと考えた場合、瞬発的な効果であっても上位を取れれば目的を達成する事になるので、SEOの上位表示保証を当てにして順位アップを狙う為に施策を受ける事もあるかも知れません。

しかし、効果が切れた後の事を考えると余りオススメできる事ではありません。

それは、効果が切れた施策の解除、除去作業を放置する、又は作業が長期化する事で「サイト運営の放任」と受け取られる事があり、この様な場合はペナルティという形で順位の下落が更に生じる事になります。

そして、ペナルティで下落した順位は、真っ当な作業でも回復させる事が難しい事を、解除作業の中で知る事になるでしょう。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す