Lightningの固定メニューを解除

11

記事の方法でカスタムを100%保障するものではございません。

悪しからずご了承下さいませ。

古いバージョンでのカスタム内容となります

※カスタマイズは必ずバックアップの上、自己責任にて行って下さい。

Lightningの改造

 

 
[スポンサーリンク]

 
 

Lightningのメニューを固定しない

Lightning(テーマ)は、ヘッダーメニューを固定しています。

メニューを改造する時には、固定では不便な事がありますのでメニューの固定を解除します。

変更は、ご自身の判断でご自身の責任で行なってください。

 
 

ヘッダーの固定を解除する

※公式サイト発表・functions.phpに下記のコードを書くとヘッダーの固定を解除する事ができます。

add_filter( 'lightning_headfix_enable', 'lightning_headfix_disabel');
function lightning_headfix_disabel(){
    return false;
}

 
 

ヘッダーの高さ調整をオフにする

add_filter( 'lightning_header_height_changer_enable', 'lightning_header_height_changer_disabel');
function lightning_header_height_changer_disabel(){
    return false;
}
}

 
 

修正ファイル

修正するファイルは以下の2ファイルとなります。

修正ファイル

wp-content/themes/lightning/header.php

14行目<header class=”navbar navbar-fixed-top siteHeader”>

navbar-fixed-top を削除します


<header class="navbar siteHeader">

 
 

変更後

変更後

ヘッダが下へ下がり隙間ができます。

普通はCSSで調整するんですが、

javascriptでメニューの高さなどを制御してますのでall.min.jsの一部を変更します。

wp-content/themes/lightning/js/all.min.js

修正ファイル

jQuery(‘body’).css(“padding-top”,headerHeight+”px”);

修正箇所

のpxを削除するだけで、隙間がなくなります。

all.min.js の最初のpxとなります

wp-content/themes/lightning/js/all.min.js

function offset_header(){
var headerHeight = jQuery(‘header.siteHeader’).height();
jQuery(‘body’).css(“padding-top”,headerHeight+”px”);
if ( jQuery(‘body’).hasClass(‘admin-bar’) ){
// Get adminbar height
var adminBarHeight = jQuery(‘#wpadminbar’).height();
// Math hight of siteHeader + adminbar
// var allHead_height = adminBarHeight + headerHeight;
// Add padding
jQuery(‘.admin-bar .navbar-fixed-top’).css(“top”,adminBarHeight+”px”);

}
}

こんな感じ

jQuery(‘body’).css(“padding-top”,headerHeight+””)

変更完成

変更完成

これでメニューの固定が解除されました。

変更は、ご自身の判断・ご自身の責任で行なってください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す