順位が落ちた!SEO対策で発生するペナルティとは!?

seo対策

ペナルティ

SEO対策を一生懸命行っているのに、なぜか検索結果になかなか表示されなくなってしまった…

そんな悩みを持っている場合は、「検索エンジンのガイドラインに抵触し、ペナルティを受けてしまっていないか」を確認してみてください。

[スポンサーリンク]

特に、これまでは上位表示されていたのにも関わらず、突然順位が落ちてしまった場合などは要注意です。
 
 

ペナルティの種類

大手検索サイトであるGoogleの場合は「手動」と「自動」の二種類があります。

手動の場合は運営者の意志によって、自動の場合は検索エンジンのアルゴリズムによってペナルティが課せられます。

特に重たいと考えられる前者の場合は、メッセージやメールでの通知が来ることが多いので、分かりやすいことでしょう。

自動では明記されないので、日々の検索順位やアクセス数をよく観察しておきましょう。

 
 

ペナルティ対策

では、最終的にそのような現象が確認できた時は、まず何をしたら良いのでしょうか。

Googleの場合は、ガイドラインがしっかり明記されているので、それを読んでみましょう。

自分の行った、あるいは依頼したSEO対策業者の作業内容に問題がないかを確認します。

例えば「コンテンツに関係のないキーワードを使っていないか」や「他サイトの文章をコピーしている、あるいは多少改変しただけで公開していないか」といったポイントがあげられます。

かつては「コピーしたコンテンツでもいいので、沢山のページを日々更新し続けること」が重視されることもありましたが、既にそういった価値の低いコンテンツは、除外されるように検索アルゴリズムが変更されているのでやめましょう。

こういった問題が確認できた場合は、コンテンツを削除・修正した上で、Googleに再審査をリクエストします。

ペナルティは自動的に解除されることはほぼないので、手動で対策を行うしか対処方法がありません。

また、このガイドラインは大型アップデートなどをきっかけに大きく変化する可能性がありますので、「一度確認したから大丈夫」などと考えるのは危険です。

実際、2012年のGoogleのペンギン・アップデートを境に、SEO業界において、取るべき方法は激変しました。

それまで常識と思われていたやり方の多くが否定されたのです。

そう言った変化に敏感であることが、インターネット社会の中でうまくサイトを運営していく秘訣とも言えますので、まずは情報を収集して問題点を洗い出すことから始めることがおすすめです。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す