ポイントは3つ!ポケットwifiを選ぶときに気をつけたいこととは?

ポケットWIFI

外出先でパソコンやタブレット端末などを使うときに便利なのが、ポケットwifiです。

ポケットwifiは、同時に何台ものパソコンやタブレット、スマートフォンなどをつないでサクサクとインターネットができるので、とても便利です。

外出先でホームページ更新がスムーズに行えないと更新を怠る原因になりますので

出張が多い方は格安で使用できるポケットwifiの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

[スポンサーリンク]

ポケットwifiには、いくつかの種類があり、エリアや使い心地、料金などが微妙に違います。

ここで、ポケットwifiを選ぶときのポイントをご紹介します。

 
 

ポケットwifiって何?

ポケットwifiとは、wifiルーターをポケットサイズにして持ち運べるようにしたモバイルルーターを指します。

wifiとは、無線でインターネットができる無線LAN規格の1つです。

家庭用の無線LANは、家の中にルーターがあり、それにつなぐことで家の中だけでインターネットができます。

つまり、そのルーターが小さくなって持ち出せるタイプのものをポケットwifiと言っているのです。

 
 

ポケットwifiはWiMAXとY!mobileの2種類

ポケットwifiの種類は、大きく分けて「WiMAX」と「Y!mobile」の2種類です。

この2種類のポケットwifiを扱うプロバイダー業者が多数あるため、ポケットwifiの種類が多いように思いますが、実は2種類しかありません。

この2種類の回線によって違うのが、「通信対応エリア」と「通信速度」です。

また、扱われるプロバイダー業者によって、「料金」や「契約の縛り」「通信制限」「通信速度」が違います。

 
 

ポケットwifiを選ぶときの3つのポイント

3つのポイント

ポケットwifiを選ぶときは、次の3つをポイントにしましょう。

 

1.対応エリアをエリアマップで確認をする

何よりもまず、サービス対応エリアの確認が大事です。

せっかく契約しても、エリア外で使えなければ意味がありません。

ポケットwifiの対応エリアは、各ポケットwifiサイトのサービス対応エリアを表したエリアマップで確認できます。

ポケットwifiを使いたい場所がサービスエリアに対応しているか?を確認してから契約を検討すれば失敗しません。

 

2. 契約期間を確認する

ポケットwifiを扱うプロバイダー業者によって、契約期間が違います。

サービス対応エリアを確認したら、今度は契約期間で判断しましょう。

ほとんどのポケットwifiが1年か、2年縛りになっていますが、何らかの事情で契約期間満了前に解約すると、違約金がかかることがほとんどです。

違約金の発生を避けるためには、無理のない契約期間を選ぶことです。

ポケットwifiの利用が初めてで、仕様などに不安がある人は、1年縛りか、お試しレンタル、1日契約などの短めの契約期間で契約することです。

 
 

3. 通信速度と制限、料金を比較する

ポケットwifiを扱うプロバイダー業者によって、通信速度と通信料制限が違います。

サクサク使いたい、動画なども見たい、かなりインターネットを利用するという人は、通信速度が早く、通信量が多いポケットwifiを選ぶべきです。

また、それによって料金も変わるので、比較しながら選びましょう。

例えば、Yahoo!wifiなら、月額料金が3696円と安そうに思えますが、3日で1GB以上使うと通信制限がかかり、かなりつながりが悪くなります。

たくさんインターネットをしたい人にとってみれば、いくら月額料金が安くても不便ですね。

また、通信の下の速度も最大165Mbps程度から220Mbpsと、プロバイダー業者によってかなり差があるので、サクサク使いたい人は、重要視するべきです。

 
 

いかがでしたか?

ポケットwifiの種類は多いですが、選ぶときのポイントをつかんでいれば迷うことはありません。

購入は下からどうぞ
 

購入

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す