お店にホームページが必要な本当の理由

お店にホームページが必要な本当の理由

 

最新の情報で信頼度アップ

ホームページは多くの業種によって役立つ宣伝ツールと言えます。

地元のお客さんをメインにいている飲食店や小売店など、個人経営のお店であっても、ホームページを作ることにはメリットがたくさんあります。

[スポンサーリンク]

まず、一つ目のメリットは、新たなお客さんに来ていただくことができるということです。

最近では、スマートフォンが普及し、多くの人がインターネットで情報を集めています。

家で調べるのであればパソコンを使うかもしれませんが、出先で思い付きで検索をする場合はスマートフォンで調べることが多くなります。

ですから、情報が比較的少ないページでも構いません。

営業時間、料金、アクセス、店内の写真数枚あれば十分かも知れません。

飲食店であれば、メニューの一覧も必須でしょう。

新たなお客さんが、比較的近くに住んでいる方なら、リピーターになってくれることもあります。

注意しなければならないのは、ページの情報をいつも最新のものにしておくことです。

情報が間違っていると、わざわざ足を運んでくれたお客さんを裏切ることになってしまいます。

正確で最新の情報は、信頼を得ることにつながります。

 
 

新規客の確保

次に、お店のイメージアップをはかることができるのもメリットと言えます。

ホームページがないお店というと、お客さんからどんなイメージを持たれるでしょうか。

もしかすると、得体の知れないお店だとか、古臭いというイメージを持たれてしまうかもしれません。

初めて行くお店であれば、多少なりとも情報を調べてから行くことが多いので、インターネットに情報のないお店は敬遠してしまうかもしれません。

例えば、お店に入って、食べたいものがなかったとか、買いたいものがなかった場合に、義理で何かを買うと、そのお店には二度と行かなくなってしまうでしょう。

それで、インターネットで前もっていくらかの情報を提供しておくことは大切だと言えます。

また、お店が実際に古臭いとしても、前もって情報を発信することで、お客さんに与える印象が大きく変わってきます。

例えば、「創業○○年の…」とか、「伝統を大切にしている」などと、書いておけば、お客さんはそのお店を古臭いとは感じなくなります。

むしろ、その古さが味わいがあっていいと感じるようになるわけです。

確かに、地元密着で、口コミだけででお客さんが集まるようなお店であれば、あえてページを作る必要はないかもしれません。

しかし、新たなお客さんに来ていただきたい場合や、お店のイメージをアップさせたい場合などには非常に有効な広告手段となります。

飲食店や小売店を例に考えてきましたが、他の業種にも言えることです。

 
 

建築業のホームページ

例えば、塗装業にしても、料金体系がはっきりわかることは安心につながりますし、施工例などが載せられていれば、新たなお客さんを獲得しやすくなります。

また、ページの雰囲気で、気さくな感じや、まじめな感じなどお客さんが受けるイメージをコントロールできます。

 

ホームページのターゲット地域

どこの誰に見てもらいますか?

ホームページ制作で1番最初に考えないといけません。

大分の美容室のホームページを北海道の人に見てもらっても集客にはつながりません。

ホームページのターゲットエリアを明確にすることが重要です。

大分市内か、別府市内かということです。

大分市地域商圏の商売(ビジネス)が、東京や大阪から集客しても意味がありません。

 
 

ホームページのターゲット層

あなたのお店のお客さんは、女性が多いですか?男性が多いですか?

ホームページのターゲットエリア(地域)が決まったら

次は、ターゲット層を明確にします。

女性むけエステのホームページを男性むけに作っても意味がないからです。

 
 

ホームページ制作前のヒアリング

株式会社イエローグラスでは、ホームページ制作前にヒアリングで、ターゲットエリア・ターゲット層をお聞きしております。

マーケティングの世界では、当然の事なのです。

なんとなくホームページを作ればお客様が増える?

商売が繁盛すると考えていませんか?

ホームページを持っていれば集客ができる時代ではありません。

考えるのが面倒なのは分かりますが、あなたの商売のためのホームページなのですから

他のホームページから文章をコピーしてホームページを作ってくれなど安易な考えはお止めください。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す