WordPressをSSLに変更する方法・エックスサーバー編

ssl

ホームページを常時SSLに変更

サイトのセキュリティ強化、改ざん・なりすまし防止・マルウェア対策・Free Wi-Fiからの接続の安全性確保などの為に

株式会社イエローグラスのホームページを常時SSLにしました。

[スポンサーリンク]

SSLは、インターネット上の通信を暗号化する技術で第三者によるデータの盗聴や改ざんなどを防ぐことができます。

GoogleやAmazon・YouTube、Facebook などもSSL化になっております。

 
 

WordPressをSSLに変更

エックスサーバーでWordPressをSSLに変更する方法を紹介いたします。

やる事が多そうで面倒くさそうですが、1時間30分も(SSLの反映待ちを含む)あれば終わりますので是非SSL導入をオススメします。

変更前のアドレス http://yellowglasses.jp/

変更後のアドレス https://yellowglasses.jp/

※緑色の鍵アイコン 「Chrome」サイトの証明書は有効であり、信頼できるサードパーティによってそのサイトが本物であることが確認されています。

※独自ドメインを申請しても、以前のアドレスのホームページは表示されていますので安心してください。

緑色の鍵アイコン 「Chrome」サイトの証明書は有効

 
 

データをバックアップ

もしもの為にデータのバックアップをとります。

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン後、サーバーパネルから「バックアップ」をクリックします。

1

「バックアップ」するドメインの「ダウンロード」をクリックします。

バックアップ

 
 

データベースのバックアップ

データベースのバックアップもとります。

エックスサーバーのサーバーパネルから「phpmyadmin」をクリックします。

phpmyadmin

「ユーザー名」「パスワード」を記入して「ログイン」する

phpmyadminログイン

保存する「データベース」を選択し「エクスポート」をクリックし「zip形式」をクリックし「実行」をクリックで「データベース」のダウンロードができます。

データベースダウンロード

ダウンロードした「ファイル」と「データベース」を、もしもの為に保管しておく

 
 

SSL設定

データのバックを普段から取ってある場合は、ここからでOKです。

エックスサーバーのサーバーパネルから「SSL設定」をクリックします。

SSL設定

ドメイン選択画面からSSLを設定するドメインを選択してください。

ドメインを選択

「独自SSL設定の追加」をクリックし「設定するドメイン」を選択し「独自SSL設定を追加(確定)」をクリック

SSL設定

「SSL新規取得申請中です。しばらくお待ちください」と表示されます。

独自SSLは追加後、サーバーに設定が反映されるまで最大1時間程度かかります。

SSL新規所得申請中

独自SSL設定の追加完了

SSL設定追加完了

独自SSL用アドレスが追加されました。

反映されるまでは1時間程度かかります。

独自SSLアドレス追加

反映されるまでは、アドレスをクリックしても下記のように表示されます。(Chrome ブラウザ )

SSL反映前

 
 

URLを変更する

「SSLアドレス」からサイトが表示されたら次にすすみます。

WordPressの設定「一般」からURLを変更する

WordPressアドレス(URL)・サイトアドレス(URL) 両方の「http」を「https」に変更

httpsに変更

独自SSLを導入直後は以下のようになっていると思います。

SSL導入直後

普通は「https」が緑色に表示され「鍵」が表示されます。

内部リンク・画像リンクが「http」のままだと「https」は緑色に変わりません

※その他、アフィリエイトリンク(アマゾンなど)があると「https」は白色のままです。

 
 

内部リンクを変更する

Search Regex

さきほどダウロードした「データベース」で変更してもいいのですが、今回は、WordPressプラグイン「Search Regex」をを使います。

Search Regexは、URLを一括で変換できるプラグインです。

 
 

Search Regexをインストール

プラグイン「新規追加」のプラグイン検索で「Search Regex」を検索し「インストール」

Search Regexインストール

「Search Regex」を有効化する

「Search Regex」を有効化する

管理画面の「ツール」「Search Regex」を選択

管理画面の「ツール」「Search Regex」を選択

Search pattern (上段)にSSL化する前のURLを記入

Replace pattern(下段)にSSL後のURLを記入

Search Regex

 
 

変換を確認

URLの記入に間違えがなければ大丈夫ですが、「データベース」変換前に「Replace」をクリックして「確認」します。

Replace

「Replace」クリックすると「変換」するアドレス一覧が表示されます。「赤色」の部分が変換されます。

Search Regex

 
 

変換する

変換するアドレスに間違えがなければ変換します

変換

これでURLの変換は完了です。

サイトを確認して「https」が緑色になっているか確認してください。

「https」が緑色になっていない場合は、「ウィジェット」や「テーマ」などに「http」を直接記載してる場合や、アフィリエイトリンクが記載されている事が考えられます。

 
 

「.htaccess」に追加

FTP機能を使って「.htaccess」のファイルに下(コピペ可)を書き加え「リダイレクト」させます。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI}  [R=301,L]
</IfModule>

これでSSL化は完了です。

変換後のサイトURLはhttps://yellowglasses.jp/です。

 
 

変換後

Googleアナリティクスを使用している場合は、設定で「URL」を「https」に変更してください。

Google「Search Console(ウェブマスターツール)」は、httpからhttpsへの引き継ぎはできませんので新規に設定が必要となります。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す